桃報春|春を報せる。毛毛と毛と金毫とモウモウ

f:id:queuexqueue:20180116205347j:plain
桃報春|Flat Peach shaped Yixing Zisha Duan Clay Teapot

桃報春|春を報せる

民国時代の大家・朱可心が1970年代初頭に梅・竹・柏・松・桃等、
シリーズで作成した茶壺・「報春」は、伝統的なデザインを周到しながらも
モダンなスタイルを構築。70歳を過ぎて尚、湧き出るような制作意欲。
40年以上経過したそのスタイルは古典の顔となり、当代の作家にも
多く継承されていて目にする機会が多いのです。

茶壺に詳しくない私でも、あっあれもそうだったんだ、という程で、
葡萄の蔓を走り回る2cm足らずの愛らしいリス達の茶壺・
「松鼠葡萄壺」も遊び心があって画像を眺めるだけで、自然にふふっとなる。

f:id:queuexqueue:20180118203926j:plain

私の手元に有るのは何道洪の写し作品の写し、というかレプリカ。
取っ手の付いた小さなカップとソーサーの4客セット。
茶壺には小さな桃が全部で六個。桃はほんのりピンクに染められている。
蓋の装飾は可愛いだけじゃなく、指を置いてもアチチとならない。
熱い蓋が苦手な私には大助かり。

f:id:queuexqueue:20180116205345j:plain

お茶のお供にはやっぱり茶菓子。練り切りに和三盆糖干菓子。
お正月なのでおめでたい鶴亀・薬玉・梅の花

そろそろ梅の便りが届く頃。
中国の茶器販売サイトの梅報春のページで目にした
毛沢東「只だ春の来たるを報ずるのみ」と詠んだ詠梅のお話を。

只だ春の来たるを報ずるのみ

陸游詩詞 詩詞世界 碇豊長の詩詞 漢詩

人知れず美しく咲き春を告げる梅の花に自分の身を重ね
花びらが散り土に還っても梅の香りは元のまま残るのだよ、と
落ちぶれ果てても高潔さ、誇りを失わずにいたいという
哀しくも男の気概を感じる陸游の詩。

これを読んで「私は違うよ」と毛沢東が詠んだ同名の卜算子 詠梅。

詩詞世界 碇豊長の漢詩 毛沢東詩詞 詠梅

陸游の梅を詠める詞を讀(よ)み,其の意に反して之を用ふ

風雨 春の帰るを送り、
飛雪 春の到るを迎かふ。 
已(すで)に是(これ) 懸崖 百丈の冰(つらら)なるに, 
猶(な)ほも花の枝の俏(うつくし)き有り

俏くとも 春を争はず,
只だ春の来たるを報ずるのみ。

山花 爛漫の時を 待ち到らば,
她(かのじょ) 叢中(くさむら)に在りて 笑(ほほゑ)まん。


国家主席を辞任した後の60代後半、文化大革命の前に詠まれた。
毛沢東にとっての春は、自らの思想の実現した世界のよう。

表面上は、草むらに凛と咲き、春を告げる梅の花の気高さを詠い
その実、このままで終わるものかという野心と理想世界への渇望が
黄巣の『詠菊』からの詞意を活用している辺りに見え隠れ。
「争わず」「笑まん」とか敢えて使う辺りが…やっぱり、ねえ。

菊を 詠ず

待ち到る  秋來  九月 八,
我が花 開きし後  百花 殺(おとろ)ふ。
衝天の 香陣  長安に 透(とほ)り,
滿城 盡(ことごと)く 帶(お)ぶ  黄金の甲を。

黄巣 詠菊 詩詞世界 碇豊長の詩詞 碧血の詩篇 漢詩 huangchao

その黄巣という人物がキョーレツなのだ。
唐代後期、科挙に落ちまくった黄巣。
重陽節句で飾られた菊に自らを投影して、
菊が咲き誇る時(←黄巣は黄色い菊なの)
他の花々(科挙に受かった宮廷の高官達)を
抹殺してやる、という凄まじい内容の詞を詠む。

政治の腐敗許すまじ、と大義名分を掲げながら
要所要所から溢れ出ちゃう逆恨み成分。

この後、黄巣は反乱軍を率いて長安を陥落し
束の間ながらも、国を建て皇帝を名乗るまでに上り詰める。

『題菊花(菊花に題す)』では自分が権力を手にしたら
寒さに震える菊の花を春に咲く桃と一緒に花開かせてやる、
という天下取り、謀反の詞も詠んでますね。

たとえ科挙に合格したとしても宮廷内で妬み僻み嫉みだったかも。
負の感情全てを燃料に変えられる人なんでしょう。

f:id:queuexqueue:20180116205346j:plain

毛沢東が詠んだ梅の花は何色だったのか。
最初は純粋な理想をぱんぱんに詰め込んだ白梅だったのかもしれない。
そのために地中深く根を張り巡らせ、必要な場所まで枝を伸ばし
花開くその時まであらゆる力を蓄えた。

でも、あまりにも血が流れ過ぎた。
だくだくと流れた血を吸い上げて、ぼってりと重く膨らむ蕾。
梅の花は権力への執着と共に濃く紅く色付いていく。

その梅の花は、はたして美しく見えるのか否か。

各々の梅の樹ごとに、待ち望み想い描く春は違う。
権力が絡んだそれぞれの理想の世界=春は相容れないのだ。

反乱軍の武将から一転、黄巣の軍を攻撃。
その後、後梁を建国する朱全忠と、
毛沢東を支持するも対立、二度失脚し
その後実権を手にする鄧小平。この二人の姿が重なるのです。

朱可心が報春シリーズを作成するのは
毛沢東の詠梅から10年ほど後のこと。

雲南金毫紅茶|滇紅

うちの孫レプリカ桃報春、500mlと茶壺としては
大きめサイズで暖房の無いリビングでもお茶が冷めにくい。
六個も付いてる桃の実は不老不死の仙果、魔除け・厄除けのシンボル。
仙女・西王母は誕生日の3月3日に天界の長寿の桃を食べるそう。
それを食い散らかして叱られたのが孫悟空という、
色々なお話に繋がるのです。

ちなみに桃の語源は毛毛Maomao。産毛がいっぱいの実だから。
マオマオ→→モウモウ→→モモ。何か可愛らしいんですけど。

そんな茶壺で淹れたのは、お茶屋さん福袋おすそ分けの
雲南金毫紅茶(うんなんきんもう)←別名:滇紅(てんこう)
産毛いっぱいの茶葉、金毫(ゴールデンチップ)入りでモウモウなのだ。

桃のモウモウ、毛沢東のモウ、金毫のモウモウ。
ついでに寒いリビングでは湯沸かしポットが湯気モウモウ。
モウモウばっかりじゃないですか、もう(笑)

私の春は只々、穏やかに過ぎ去るものであって欲しい。

引用及び参照元

www5a.biglobe.ne.jp朱可心の作品はこちらに幾つか画像があります
紫砂一代宗師 朱可心年表|

https://kknews.cc/collect/b926gn.html

f:id:queuexqueue:20180114232503j:image

© 2015-2018 madhu/queuexqueue.All rights reserved.