読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

weekend Ramen|牡蠣と四方竹の中華炒めあんかけ醤油ラーメン

f:id:queuexqueue:20161102203917j:plain
Soy sauce based Ramen with fried Vegetables, Shihochiku and Oyster


牡蠣と四方竹の中華炒めあんかけ醤油ラーメン|
秋が旬という少し変わり種のタケノコ四方竹を美味しく食べるため、
腹ペコさんの大好きなラーメンに。
安くて大きくて味の良い霧島鶏の骨付き鶏モモ肉と手羽先で
二日程かけてゆっくりスープを取る、いつものスタイル。

鶏モモ肉はダシを取りきらないよう途中で引き上げ、切った骨だけ再度戻す。
醤油を多めに効かせたやや甘めなスープは、わずかにとろみを付けて。

白菜、キクラゲ、ニンジン、たっぷりの四方竹を中華炒めにして
黒豆を使った自家製豆ちを粗く刻んで旨味を追加、
ほんのちょっぴりオイスターソースを足して風味付け。
火を止める直前に、衣を付けて軽く色付くまで揚げた
牡蠣を投入して中華炒めのあんと絡める。

どんぶりに移し、細ねぎを散らしてゆで卵と細く刻んだ糸唐辛子を乗せ
煮干しの香味オイルをスープに浮かべて出来上がり。

これは煮干ダシを作る時に取り分けた、頭やヒレの固いところを

低温の油で揚げて、冷ましてからろ過して作る芳ばしい煮干オイル。

色付いたカリッカリの煮干し頭は塩を振っておやつ。←意外とうまい

f:id:queuexqueue:20161102203919j:plain

「もう食べていい? ね、いい?」
待ちかねて箸とレンゲを握りしめる腹ペコさん。

どぞどぞ。

f:id:queuexqueue:20161102203920j:plain

↑腹ペコさんのどんぶりはこっち。
この器がお気に入りなんだって。
口径が広めで少し浅いから、具沢山に出来て冷めるのが早い。←すぐ食べるからいいの
スープを飲み干すと見込みに金色に彩色された三個のザクロが顔を出す。

「見た目の色ほど塩辛くないんだ、このスープのとろみがいいね。
あっ!牡蠣、口に入ったらブワッと来た~」
うん、衣で閉じ込めておいた。
四方竹も、中華あんの旨味がからんでいい味。
穂先の柔らかいところが甘みがあって最高。

「ここにご飯入れておじや作ったら、さぞかし旨いだろうねー」
確かに、いろんな旨味が出てるもんね。
麺半分にして、小どんぶりでおじやは?
「それだとラーメンが食べ足りないから却下!」

ええ~ ワガママだなあ。

 

 
関連記事|
味噌チャーシュー麺もオススメ

madhu.hatenablog.com

 

f:id:queuexqueue:20161209230547j:plain

© 2015-2017 madhu/queuexqueue.All rights reserved.