読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラタトゥイユ・チキン

f:id:queuexqueue:20160621232904j:plainRatatouille Chicken|Tender chicken leg with Tomato and Paprika paste stew

 

海南チキンライスを作ろうかと、骨付きモモ肉のスープをとったんだけど
予定変更でチキンは引き上げ、冬瓜のスープだけ作ったのです。
で、その残ったチキンと安かったパプリカを利用して煮込み料理に。

ソースにたっぷりのパプリカペーストを使い、更に具材にもパプリカ。
パプリカたっぷり料理といえばハンガリーだけど
コレはハンガリー風というか、ハンガリー気味。

夏野菜を煮込んだレチョーやラタトゥイユ・チキンが近いかな?
パプリカーシュ・チルケというパプリカパウダーとサワークリームで煮込んだ
こっくり味のチキン料理があるけど、これはもっとシンプルな材料。

味の決め手はチキンではなく、ペースト。
塩を振って発酵させたパプリカやトマトのペーストを
サーキュレーターで水分を飛ばして濃縮したもの。

軽くローストしたチキンを、炒めたパプリカとパプリカペースト
トマトペーストのソースで水気が無くなるまで煮込む。
仕上げにブラックペッパーとタイムひとつまみ。

スープを取ったチキンは旨味は少ないけど身が柔らかでしっとり。
これをホロリとほぐしてソースにからめて白ごはんに乗せれば
もうね、家庭料理の本領発揮って感じ。 
野菜の旨味だけでこの味だもの。
煮詰めただけのトマトでは出せない味。
ほんと、ペーストってエライなーと思うのです。


スイートバジルパクチーを刻んで乗せるのも香りがふくらんで好きだなあ。
ブラックオリーブを加えてペンネなんかのパスタソースもいけますよ。
前に作った、バターで炒めたマッシュルームをフードプロセッサーで
ペーストにして加えたのも濃厚で美味しかった。
秋から冬の寒い時期に合う味。

でもやっぱり暑い季節は、このシンプルな材料のストレートな旨味がぴったり。

f:id:queuexqueue:20160621232103j:plain


 
↓塩分が強いから分量減らして
パプリカパウダーと砂糖ひとつまみ追加したら似た味になると思う。たぶん

サルチャ(トルコのトマトペースト)

サルチャ(トルコのトマトペースト)

 

 

f:id:queuexqueue:20161209230547j:plain

© 2015-2017 madhu/queuexqueue.All rights reserved.