読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

weekend Ramen|シンプル鶏醤油ラーメン

Japan chicken soup noodles

f:id:queuexqueue:20160314231028j:plain
Tori Shoyu Ramen|Soy sauce based soup Ramen with grilled Chicken thigh


週末、深いお鍋でコトコトとスープを仕込んでラーメンを作るのです。
お店のように何時間も煮込むのは無理だけど、
骨付きモモ肉と手羽先で結構いい出汁が出ます。

コツというか自分でやってるのは、温め直し放置作戦。
少し煮込んだらフタをしてしばらく放置。その後、温めなおしてまた放置。
数回繰り返すと濁りの少ない、程よく脂の浮かんだ状態に。
それを目の細かいスープ用のストレーナーで漉すと
クリアなスープストックが出来上がるのです。

豚バラ肉のブロックとか、脂が多い時は一度冷蔵庫で冷やして、
白く固まった油脂を8割くらい取り除きます。

ベースのスープを温め、醤油で味を整えたら
茹で卵とメンマと細ネギのシンプルな具材に、
ちょっと細めの縮れ麺をあわせて少し固めに茹でる。

冷蔵庫で一旦冷やした鶏肉を取り出し、皮目を上にして
焼く前にニョクマムゴマ油を刷毛でさっとひと塗り。
オーブンかガスコンロの魚焼きグリルでパリッと焼き上げて
茹で上げた麺の上にそっと乗せれば、地味ながらもボリューム感アップ。

煮干ダシを作る時に取り分けた頭やヒレの固いところを
低温の油で揚げて、ろ過して作る芳ばしい煮干オイル。
これをちょいちょいっとふりかけたら、鶏醤油ラーメンの出来上がり。

ダシで使った手羽先は、素揚げしてスパイスパウダーをからめれば
美味しいおつまみに大変身。つまんだ指先も旨くなります。←ホント
骨から身がスッと離れて食べやすいの。

そして気付いたら、うちにはラーメンどんぶりが数種類。
場所は取るけど、器で見た目がずいぶん変化するから
その日、ぴったりのどんぶりを選ぶのもまた、楽しい作業。

f:id:queuexqueue:20160314231029j:plain

f:id:queuexqueue:20161209230547j:plain

© 2015-2017 madhu/queuexqueue.All rights reserved.