読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラス耐熱容器でクレームブリュレ

f:id:queuexqueue:20160503210632j:plain
Crème brûlée | Creme brulee


時々食べたくなるクレームブリュレ

冷蔵庫に生クリームが無くても大丈夫。
ミルク+卵+薄力粉で作るからカスタードプリン寄りの味。

初めてそのレシピを知った時は小躍りしたものです。
だって、思い立ったらすぐに作れる材料なんだもの。
生クリームたっぷりの本格クレームブリュレは浅い小さい器で。
こっちはちょっと大きめな10cmココットで作るのです。 *recipeはこちら


クッキングバーナーで仕上げたパリパリのキャラメル層を
パリンとスプーンで割って、ふるふるのクリーム部分と一緒にすくいあげる。
ホロ苦の甘々。

ちなみにココット1個の表面に使うグラニュー糖は10g程。
細身のスティックシュガー1本で3g、レギュラーサイズで5g。
なので、キャラメリゼにはそこそこ かなりグラニュー糖を使います。

量が少ないとパリパリのキャラメル層が出来ず、
味も食感ももの足りないし見た目もちょっとさみしい。
砂糖を減らすなら、生地の方で調整するのが得策かと。 

生地の甘さを少し控えめにして
器の底にこっそりカラメルソースを仕込んだりも楽しい。

自分用にはバニラのさやごと、グラニュー糖に入れて作る
バニラシュガーを使って甘やかな香りいっぱいの
クレームブリュレにすることも。
さやの微粉末で繊細な仕上がりにはならないけど
奥行きのあるバニラの香りで贅沢なきもち。

バニラの香りって、アイボリーとかたまご色。
暖かみのあるふわふわしたイメージで癒される。

f:id:queuexqueue:20160503210623j:plain
Crème brulée  BORCAM Oven Safe Glass Bakeware by Pasabahce


オーブン調理でよく使うのはトルコのガラスメーカー
Pasabahceパシャバチェ社のBORCAMボルジャムというシリーズの
小ぶりの耐熱皿。花型でかわいらしい。

投げ売り価格の1個200円だったから、多分廃盤商品なんだと思うの。
すかさず6個まとめ買いしたのです。

グラタン、キッシュはもちろんのこと小さなサラダやディップにも大活躍。
こういう昔からあるガラスの耐熱容器って、ぽってりと厚みがあって
金属のモノと比べるとちょっと調理に時間がかかるんだけど、
どことなくノスタルジックで捨てがたい。

 

イワタニ クッキングバーナー CJ CB-TC-CJ

イワタニ クッキングバーナー CJ CB-TC-CJ

 

 

 

f:id:queuexqueue:20161209230547j:plain

© 2015-2017 madhu/queuexqueue.All rights reserved.